町並みを、浴衣で彩る。
プロジェクト 2017

- 絞りの町「有松」で雪花絞りの浴衣つくり -

日本の歴史、文化、伝統…
そして、日本の風情ってなんだろう?

愛知県にある「有松」は、江戸時代より400年の歴史と文化を持つ町です。
そして、「絞り染め」の伝統が引き継がれるモノづくりの町でもあります。

各地で失われ感じ取れなくなってきた日本の町の風情。
ここ有松では、まだ目にして手にすることができる日本の風景が残っています。

5年目を迎えた「町並みを、浴衣で彩る。プロジェクト」。
有松の散策と雪花絞りの浴衣つくりを通し、有松の歴史・文化と絞り染めの伝統を体感できるワークショップを開催いたします。

★5月4日(木)は、定員に達しました。

GW開催:雪花絞りの浴衣つくり

- 夏に向けて、ゴールデンウィークに浴衣つくり -

2017年の春の大型連休は、最大9日間。
その内の1日を使って雪花絞りの浴衣をジブンの手でつくってみませんか。

雪花に恋して

今から400年余り前に誕生した有松の絞りは、幾百もの技法を生み出し、江戸時代には東海道随一の名産品と、その名を全国に轟かせました。
多種多彩な技法の中で、浴衣紋様として注目を浴びているのが「雪花絞り」。染め上がると雪の結晶のような紋様が浮かび上がることから「雪花(せっか)」と呼ばれるようになりました。
「雪花絞り」は板締め絞りという技法で、有松には見事な雪花紋様を創り出す職人が活躍しています。

ようこそ、有松へ

塗籠(ぬりこめ)造りに虫籠(むしこ)窓、東海道間宿(あいのしゅく)として栄えた有松は、絞り染めひと筋に生きてきた町。
ゆるやかに曲がる街道筋には、江戸時代を思わせる有松絞りの町家や商家が建ち並び、町の奥には絞り染め職、晒(さらし)職、絞り括(くく)り職など有松の絞りに関わる人たちの息づかいが聞こえてきます。さながら『尾張名所図会』の景観ですが、それは過去ではなく現在に受け継がれ、更に進化をし続けているのです。
連綿と日常を積み重ねてゆく職人たち、有松の歴史を語り継ぐ商家の主たち。
今、改めて新鮮さを感じさせる日本の伝統工芸の世界。
様々な出逢いには新たな発見と驚きが待ち受けているでしょう。

“知多木綿”
美しい浴衣は、
無垢の白生地から生まれる

浴衣の生地となる知多木綿、品質の高さに定評があり全国に知られています。
16世紀初め頃に始まった木綿の栽培から時を経て、日本の木綿、織物の技術は目覚ましい発展を遂げてきました。知多木綿は江戸時代の晒技術導入以来、知多晒と呼ばれ名を馳せるようになりました。その後、尾張藩の保護奨励策もあって益々盛んになり、献上品としても用いられたようです。明治時代に自動織機が発明されると、高級かつ高品質な綿布はさらに磨きをかけ、知多は泉州、松阪とともに日本三大綿織物産地となりました。知多木綿は品質が秀逸、常に工夫と先進的気鋭、製品に対する真摯な思いが積み上げられてきたからです。

ワークショップ
有松で過ごす、一日

- 有松散策 -
時間 10:00 – 11:30
集合 午前10時に名鉄名古屋本線「有松」駅 改札口

現在もその古い町並みを残す有松の地。
手仕事でつくられる有松の絞り。
歴史ある有松の町を巡り、職人に出会うことで古の技を感じてください。

- 雪花の浴衣つくり -
時間 12:00 – 18:00

制作する浴衣は絞りの一つである雪花(せっか)になります。
13メートルの反物から雪花柄を半日かけて制作します。
浴衣つくりを通して、職人の技を直にふれてください。
染色後、仕立てに出して1ヶ月半または2ヶ月ほどで浴衣が完成します。

※浴衣つくりは「女性」が対象です。
※染色の際に、染色液が衣服につく場合がありますので、エプロンまたは汚れても大丈夫な服を持参してください。
※染色場の床が水で濡れていますので、必ず滑りにくく汚れても大丈夫な履物でいらしてください。
※身長が170センチを大きく超える場合は特注となる場合もあります。
※仕立てに「手縫い」をご希望の方はオプション(有料)にて承ります。
※浴衣のお渡しまでに、1ヶ月半または2ヶ月ほどかかります。
※仕立て後、完成した浴衣のご自宅までの配送ができます。(別途送料)
※当日の終了は18時を予定していますが、状況により超える場合があります。遠方よりご参加いただく場合は余裕を持ってスケジュールを立てていただければ幸いです。

雪花の浴衣つくり
13メートルの挑戦

一反分の白い生地を折って染める、単純な作業に見えますが気が抜けない手仕事です。ひとひら、ひとひらに精魂込めて、雪花を咲かせましょう。
まず最初の選択
4つ折りか、6つ折りかそれが問題だ
白生地を13メートルの長さを残したまま4つか6つに蛇腹折りします。折る数で柄の大きさや数が変わります。
この工程は、やり直しが効かず慣れた手先で慎重に折らないと染めた際の雪花柄が大きく歪んでしまいますので、職人が事前にどちらにするかうかがい、あらかじめ折り込んだ状態で用意いたします。
雪花への三角形
染める前に、13メートルの白生地を三角形に折っていきます。この作業が、染めたときに様々な「雪花」の紋様になる大切な作業になります。
あせらず、慎重に…それでもみんなと違う三角の形が、アナタらしい趣きを持った雪花を生み出します。
雪花を選ぶ
ジブンだけが出逢う雪花を導く
色の組み合わせは無数にありますが、今回用意した代表的な組み合わせを提案いたします。
実際は、折り込んだ三角形の染める箇所(頂点・底辺)や染色の深さ、時間によって他の誰とも違うアナタだけの雪花になります。
もしかしたら、最初に思い描いた雪花じゃないかもしれない・・・
「失敗・・・かも・・・?」
でも、それは偶然の悪戯でアナタだけが出逢う雪花かもしれません。
何が起こるかわからない、これが初めて挑んだ浴衣つくり、手仕事の難しさであり面白さでもあります。
※開催当日の浴衣つくりの前に、各サンプルで雪花の説明をいたします。
※一点ものの浴衣になりますので、職人が出来る限りご要望に近づけますが、手仕事ゆえの難しさで必ずしもご希望通りに雪花の形や色に仕上がらないこともあります。その際は、なにとぞご了承下さいますようお願いします。
「シンプルに」
白地を生かして1色染め
「華々しく」
誰もが目を引く2度染め
「シックに」
オトナな色合いで2度染め


浴衣地の美しい選択
雪花が浮かぶ生地の表情も大切です
雪花の美しさを引き出すのに忘れてはいけない大事な要素に白生地があります。通常用意いたしますのは、「白菊」という綿の生地です。綿は、汗の吸水性がよく古くから日本の夏にまとう浴衣としては最適の生地です。
涼しげな印象で起伏が特徴の生地である「紅梅」も、オプション(有料)としてご用意しております。
ワークショップ料金
40,000円(税別)
料金には、以下のものが含まれています。
・お昼の弁当・反物・染色・仕立て
※反物の種類や手縫いなどのオプションで料金が変わります。
※オプションの料金につきましてはお問い合わせください。
※お申込み後でも、オプションの追加は可能です。
※当日の開催会場での現金のお支払いになります。
※浴衣のお渡しまでに、1ヶ月半または2ヶ月ほどかかります。
※仕立て後の浴衣の配送が必要な場合は別途送料がかかります。

- お子様の浴衣つくりをご希望の方 -
お子様の浴衣にも大人と同じ長さの反物を使用し、同様の工程を踏みます。また縫製も大人との区別はありませんので、料金は上記と同額となります。なお、余った反物は手提げ袋や手ぬぐい、ハンカチなどにして活用することができます。

※お子様の体格や、仕立ての過程で布地が希望するほど余らないこともあります。
※お子様用は、7才以下(身長が130センチ以下)を想定しています。

ワークショップ開催日
各日の定員は7名で、
じっくりと浴衣つくり
2017年

4月
29日(土)30日(日)

5月
3日(水)、4日(木)
6日(土)、7日(日)、
20日(土)、21日(日)

6月
18日(日)

7月〜
決まり次第、掲載いたします。
★ゴールデンウィーク浴衣つくりの感想をいただきました。
GW 2016 浴衣つくりの感想
★浴衣つくりの感想をいただきました。
浴衣つくりの感想
★浴衣つくりの模様など( Instagram)
 浴衣つくりの模様など

団体で申し込む
3名様以上なら、希望日に開催
上記以外に平日・日曜・祝日を含めた日程を、事前予約で承ることができます。
※事前予約は3名様以上(定員7名)になります。
※希望する日程の10日前をめどにお申し込みをしてください。
※希望日につきましては、メールにて打ち合わさせていただき決定いたします。
※他の団体様の予約や、当日の申込状況、他の業務によりご希望に添えない場合があります。
※7名を超える場合には、お問い合わせよりご相談ください。
※団体様の予約は、春夏秋冬いつでも受け付けています。
2017年の「有松絞りまつり」は、6月3日(土)と4日(日)になりますので、浴衣つくりはまつり当日とその前週あたりはお受けできなくなります。
5月の中旬以降を予定される場合は、事前にお問い合わせください。

よくあるご質問(FAQ)
浴衣つくりについて、お問い合わせの多いご質問をまとめました。
お申し込みやメールでお問い合わせいただく前にご覧ください。

参加の申し込み
ワークショップの参加は、下記のボタンよりお申し込みください。
※希望する日程の10日前をめどにお申し込みをしてください。
※外部の申し込みフォームへ移動します。
2名様以下の方は、個別にお申し込みください。
参加のお申し込み(個人)
- 団体様用 -
団体(3名様以上)の方は、希望の日程で開催できます。
参加のお申し込み(団体)

開催場所
有限会社 絞染色 久野染工場
http://www.shibori-zome.com
愛知県名古屋市緑区境松1丁目609番地
(名鉄本線:「有松」駅 徒歩12分)
「久野染工場」に駐車場はありませんが、有松駅周辺に「イオンタウン有松」があります。
お問い合わせ
- メールでのお問い合わせ -
メールで問い合わせをする
- 電話でのお問い合わせ -
久野染工場 5代目 久野浩彬
直通電話:090-6339-8632
(平日10時〜18時)
「町並みを、浴衣で彩る。プロジェクト」

有限会社 絞染色 久野染工場
名古屋市緑区境松1丁目609番地
http://shibori-zome.com

ABARERU.jp
http://abareru.jp

- 撮影協力 -
井桁屋寿限無茶屋

浴衣を彩る。
美しい浴衣に、華やかさを添える和装の小物。

さまざまな分野の作家によって生み出され、
和の文化に華やかさを演出する、
和装のための小物プロジェクトが始まりました。



TOP