YP.
collection 10
「折りから生まれた、自由なチェック」
有松の絞りの技法のひとつ「板締め」を用いて、新たなチェックを描きました。
日本の絞り「板締め」
板締めとは、布を折りたたみ板ではさみ染色する古くからの技法。
その技より描かれる連続する模様は、自然であり自由である。
西洋のチェック柄を板締めの方法を用いることで、
自由で新しい日本のチェックを生み出しました。
「古を着る」
新しい日本のチェックと、最新のファッション。

“いつもと違う、新しい気持ち”

従来は取り入れにくかった伝統、
現代のファッションと組み合わせ、調和することで、
伝統を着るという新しいスタイルをデザインします。
YP.について
「暗い森に射す ひとすじの光」

彷徨い、辿り着いたひとつのモノ

巡り合うことで変わる何か
その何かで暮らしが満たされるようなモノづくりを目指しています。
メールで問い合わせをする
artist

TOP