★ 有松恋染めノスタルジー

有松恋染めノスタルジー はコメントを受け付けていません。
有松を舞台に、雪花絞りの浴衣つくり「町並みを浴衣で彩る。プロジェクト」を題材にした純な恋愛小説が出版されました。
『有松恋染めノスタルジー』
著:藍生 有(富士見L文庫)2016.11.15
 
密かに進行していた小説化…
浴衣つくりを企画した当事者としては、なんとも不思議な感じです。
このプロジェクトに参加された方々にとっては思い当たる風景が散りばめられています。
2017年より参加いただく予定の方にとってはデジャヴな感じになるでしょう。
残念ながらミゾグチをモデルにした人物は出てきません。
次はドラマ化か…
 ▼有松で雪花絞りの浴衣つくり「町並みを浴衣で彩る。プロジェクト」
———
 
▼有松恋染めノスタルジー
 
伝統が残る街・有松。ぶっきらぼうな絞り染め職人と紡ぐ恋の行方は――。
絞り染めの産地・有松。会社が倒産し、有松にある祖母の喫茶店を手伝うことになった雪奈は、あるとき常連客の絞り染め職人・沢口と知り合う。
沢口の表情の読めない、気ままな猫のようないつもの姿と、職人としての真剣な姿の違いにどぎまぎする雪菜。
有松の地で様々な人々と関わっていく中で次第に自分を取り戻していく雪奈だったが、沢口のとある秘密を知ることになり……。
古き良き伝統が残る街を舞台に、ぶっきらぼうな絞り染め職人と紡ぐ淡い気持ちの行方は――。

TOP